【8.6 ヒロシマ弾圧・抗議声明】勾留決定を許さない!抗議声明第2弾

8.6ヒロシマに参加した原発避難者の仲間(支援者)を今すぐ釈放せよ!

不当逮捕に遭ったのは、原発避難者の支援者です。先の声明では誤解を与えるような記述となってしまったことをお詫び致します。

●8.6の広島で原発避難者の反被ばくアピールにも大きな共感
広島原爆が投下された8月6日、福島原発事故から関西へ避難した「Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち」も、広島市内の各種の平和集会に参加しました。広島の原爆、福島原発事故はともに核災害、放射能の被害であり、つなげるためです。そして最も多くの人が集まる6日夜の平和公園内で、原爆死者の追悼と原発事故被害のアピールを行いました。

東日本の放射能被害の英語スピーチやチラシ、横断幕に対し、大勢の外国人や日本人が立ち止まって受け取り、聞き入り、関心の高さが明確でした。自分から英語チラシをマイクで読み上げてくれる米国人も。また広島の被爆二世の方も、広島と福島の被害は一直線につながっていると熱くアピールすると、地元の方も大勢立ち止まり、拍手に包まれました。想定以上の豊かな交流との場となりました。
★配布した英語チラシ: https://www.gowest-comewest.net/statement/20170825english.html
★避難者のスピーチ原稿と映像: https://danatsu86.hatenablog.jp/entry/2018/08/10/065424

●アピール後、不当逮捕した広島県警
ところがそこにミリタリールックの謎の通行人がカメラを構えて大声で文句を言い、妨害目的の撮影を始めました。私達はアピールを続けつつ片付けを始めた所、彼は何ら接触をしていないのに「カメラを壊された!」と110番通報をしました。
そして駆けつけた広島中央警察署が帰る私たちの行く手を塞ぎ、職務質問を開始。私たちは何ら接触していないし、邪魔したい人の言いがかりであり、暑さで体調不良の仲間も出たので帰りますよと言い続けても、執拗に足止めして帰しません。

そして上司から指示を仰ぎ続け、ある時態度が急変。「カメラを壊した目撃証言が取れた。警察署に連れて行く!」と強行に来たため、誰の証言だ、そんな事はしていないと拒否していたら、「逃亡の容疑!逮捕する!逮捕理由は署で話す!」と支援者の女性Aさんに手錠をかけ、体を大勢で宙吊りにしてパトカーに放り込みました。広島県警本部に連れていかれ、「器物損壊罪」で不当逮捕されました。

これはまさに無法な拉致監禁です。器物損壊の事実も検証も一切なく、現行犯逮捕の条件も一切満たさないまま連れ去ったからです。
抗議する仲間たちの体を羽交い締めにし、カメラの謎の通行人や「証言者」と話すらさせない拉致監禁に、住民からも「何やってんだよ警察!」「彼らは何もしてないだろ!」と罵声が飛びました。警察は逮捕と同時に逃げるように全員撤収しました。

つまり、当初は現場警官が通常のトラブル処理対応をしていたが、スピーチやチラシの特徴を聞いた上層部が「そいつらは平和集会に参加したりビラ配りをしている=政治的だ」と判断し、狙い打ちで拉致・逮捕をさせたという事ではないでしょうか。

●広島原爆と福島原発事故のつながりを止めたい政府
日本政府は、福島の「史上最悪の核事故」を「被害はゼロ」と世界へ公言。放射能被害を最大のタブーにし、帰還政策や東京五輪により全力で隠しています。この不当逮捕は、政権が原発被害者の声が国内外に広がることや、それが核被害の世界的象徴である原爆の被害とつながることを、つぶそうとしたからだとしか考えられません。広島慰霊の翌日の8月7日、隣県の島根原発3号機の新規稼働を島根県知事らが了承。長崎原爆慰霊の翌日10日に、中国電力が安全審査を申請しました。原爆と原発の被害を切り離しているからです。

作家の山口泉氏は弾圧に対し「現在の安倍晋三による日本型ナチズムが歴代自民党のいずれと較べても常軌を逸しているのは、安倍自身が責任を負う東京電力・福島第1原発事故という終末的事態が根底に隠蔽されているから。その人類史上最悪の核公害への告発に対しては、この弾圧。加速するファシズム警察国家化への抵抗に連帯する。」とツイートしました。

●黙秘への報復で勾留は許されない。多くのご支援を!
その後、広島地検刑事部のタカイ検事が勾留請求し、広島簡裁の橋本裁判官が8月18日までの勾留を認めてしまいました。Aさんは広島県警本部に監禁されています。最大で8月28日まで勾留される危険があります。
検事・裁判官は取り調べに黙秘しているから「逃亡や証拠隠滅の恐れがある」と勾留決定しましたが、黙秘権は自分を守る憲法の権利です。隠滅する証拠など無いし、やってもいない事をやったと言われたらえん罪を作られるし、名前や住所を言ったら即座に警察がマスコミへリークし、犯罪者報道をされるのが今の日本だからです。それでも黙秘で勾留するのは、人権の行使を「お上に逆らう罪」として報復・処罰することであり、許されません。

早期釈放の要求が必要です。私たちは全力で動くので、ぜひ皆さまの力を貸して下さい。
8.6の広島で、被ばく反対のアピールをしていたら不当逮捕される。これは絶対にあってはならない事です。Aさんを返せ!と抗議を集中させて下さい!
勾留している広島県警本部 082-228-0110 捜査してる広島中央警察署 082-224-0110

★救援には多くの費用が必要です。弁護士費用などの救援カンパをお願いします!
・ 郵便振替口座: 00140-2-750198  加入者名:みんなのQ(キュー)
・ その他の銀行からは
ゆうちょ銀行 店番号 019 当座0750198

8.6ヒロシマ弾圧救援会 メール: danatsu8.6@gmail.com
ブログ: https://danatsu86.hatenablog.jp

★抗議声明への賛同をお願いします★お名前(仮名OK)/所属または肩書き/地域を danatsu8.6@gmail.com にメール下さい。

「Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち集会」vol.6

①特別報告―8.6ヒロシマで何を訴えたか、どう弾圧されたか(参加した避難者から)
本人と救援活動の状況

②「東日本と全国へ広がる放射能汚染 調査・公表と避難者支援を!」
「首都圏から避難して」下澤陽子さん(東京→神戸)
「首都圏も覆う放射能タブー」園良太(東京→大阪)、他避難者アピール
「全国にも広がる放射性廃棄物と被ばく」渡辺悦司(市民と科学者の内部被ばく研)
「倒れる首都圏の労働者、全国の仕事への影響」りょう(関西住民)
東日本の放射能被害資料:http://www.gowest-comewest.net/higai/

9月2日(日)13時半開場、14時開始 ※集会後なんばへアピールウォークを予定
大阪市中央会館第1・2会議室(地下鉄長堀橋駅5分)地図:
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016607.html

参加費:500円(避難者・学生・障がい者無料)
主催:Go West
http://www.gowest-comewest.net/

A speech of the Hitoshima's atomic bombing day

Movie
https://youtu.be/A2uJMf2jNtw

73 years ago today, many precious lives were instantly destroyed by the terrible blast and the heat from the atomic bomb. Did you know, however, that the atomic bomb has had another, lasting effects? It’s an invisible, quiet and lasting effects from the nuclear bombing, called “internal radiation exposure.”

7 years ago, Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant had an accident and the nuclear accident developed into a nuclear disaster. Today, we Japanese have to live with this invisible and quiet nuclear bombing.
It’s a kind of invisible violence that quietly invades human bodies.

I would like to talk about the violence called “the internal radiation exposure” as an evacuee from the terrible nuclear disaster.

I evacuated to Kansai three years after the Fukushima nuclear power plant accident. Where do you think I evacuated from? I evacuated from Tokyo. Do you know that Tokyo has serious radioactive contamination? Tens of millions of people in East Japan live with radioactive contamination now.

My daughter was 5 years old at the time of the accident. She was a cheerful and active girl. But after one year since the accident, her health conditions became bad and she was troubled by strange symptoms.
She told me, “Mommy, I feel so bad, I have no power, My hands hurt, my legs hurt, my body hurts!”
In fact, my daughter became so sick that she could not live a normal life at all.

At that time, I met a doctor who was working with the issue of radiation exposure in the metropolitan area. He said, if sick children are moved to the west away from contaminated eastern Japan, some of them might recover health.

According to his examinations after the accident, the number of white blood cells of children living in the metropolitan area was decreasing. And he added that neutrophils among white blood cells were particularly badly decreasing. And as we found out later, our two children also had the same condition. Today, the doctor is saying that for every ten children in Tokyo, nine of them have below the standard number of neutrophils.

When I consulted the doctor about my daughter, he clearly stated that she was affected by the radiation exposure.
And he gave me advice to move my daughter to the western part of Japan.

In any case, I tried to move my sick daughter out of Tokyo. Whenever we stayed in a place where there was no radioactive contamination, she became very well. But when we returned to Tokyo, she became sick again. We did not have the option to stay in Tokyo any longer. We just fled from Tokyo and moved to Kansai.

Living in East Japan means living with many radioactive materials, and it is not a place where people can live in good health. So, as evacuees from eastern Japan, we are calling for evacuation to West Japan. Our existence here is not broadcasted on the radio nor published in newspapers. So, I am telling you about it here and now.

After the accident, we were told that radiation was not a problem and health damages would not occur. But it was not true. Many of us have evacuated from East to West due to various health problems. Many people are getting sick today in East Japan. People are dying without noticing that it is due to radiation. Many Japanese can not face this nuclear catastrophe.

Now my daughter is 12 years old. She's healthy and enjoys everyday life. She has good friends and says she wants to continue living here forever.

She is very afraid that more and more nuclear power plants now will get restarted and there may be another accident. If that happens, she will have to move away from here again. If another nuclear accident happens, she knows that she can not live in this country anymore.

And accidents are not the only ones that threaten her. It is a basic issue that after the accident, our government has not confined radioactive materials to one place.
On the contrary, our government has a policy of diluting toxic radioactive waste by mixing it with water, cement or other materials, and making it look harmless.

And the Japanese government now allows incineration of highly contaminated nuclear waste of up to 8000 Bq/kg, 80 times as high as before the Fukushima accident. It's all to reduce the enormous amount of nuclear waste. But as conscientious scientists say, we should never burn radioactive materials. It should never have been allowed.

We don’t seem to be able to stop this crazy, irresponsible way of our government.

I hope that my daughter can live in her beloved country where she was born and raised.

What the Japanese government is doing can be called a nuclear assault. This political nuclear bomb is being dropped over us slowly and penetrating into our daily lives.

We can protect precious LIFE of not only humans but also the LIFE of all living creatures from internal radiation exposure. How? By containing radioactive waste in the locations where they were made and by keeping the waste under strict control. We humans can also evacuate from contaminated areas and relocate.

But people can’t move out of the contaminated areas because central and local governments conceal the facts of contamination and victimization, killing many people just like powerful bombs do. That’s a kind of national war waged against its own people.

We deeply deplore such war situation and want to stop it. That’s why I am here speaking to you.
Let us work together so we can recover our country and our earth in which our children can grow up in good health.

広島原爆投下の日のスピーチ

動画はこちら
https://youtu.be/qEGCOc46US4

私たちの住む日本は、原爆を落とされました。
でも、私たちは知っているでしょうか。
この核の爆弾の、もう一つの姿のこと、を。
それは、目に見えない、音のしない、とても、静かな爆弾です。
それは、ないことにするのはとても簡単です。

原爆が落ちた後の9月、米軍の偉い人が東京で声明を出しました。
「広島、長崎で死ぬべきものは皆死んだ。現在、放射能のために苦しんでいるものは皆無だ」
そして、それが米国の公式見解となっていきました。

放射能、この静かな爆弾の犠牲者は存在しないことになっています。

7年前、福島第一原発という核の発電所が、事故を起こしました。
核の大惨事、です。それは今も進行中です。
今、私達日本人は、この見えない静かな爆弾と共に日々を暮らしています。
それは、内部被曝という爆弾です。

人の体を侵していく目に見えない暴力です。
「じわりじわりと生命が蝕まれて、いつかぞろぞろと殺される」
被爆者を見てきたお医者さん肥田舜太郎先生は、そう話します、放射能は目に見えない暴力なんだと。
73年前、被爆国となった日本、に住む人たちは、今度は今、進行中の原発事故によって、内部被曝という爆弾を受け続けています。

でも今私たちはこのこと、この内部被曝という爆弾について、ほぼ何も知らされないし、知りません。

なぜなんでしょう?

それは、被害者の被害について、被曝について話をするのは、それはいつも加害者の側、この爆弾を作った人や、協力する側、落とした側、だからです

私達の住む日本は、原爆を落とされました。そして福島第一原発の進行中の事故ともにありながら、放射線放射能が、人間にどんな影響及ぼすのか、実は知らされることもなければ理解もしていないのです。

だから私たちは知ることができません。
自分の体が痛むのが、愛する人たちが苦しみ倒れるのが、それが放射能の影響だなんて、想像することができません。
でも今、事故から7年して、何が起きているのでしょうか。特に原発放射能の汚染が行った東日本で、何が起きているのでしょうか。

それらは、隠しておきたい側が狙う通りに、全く報道されることがなく、放射能と言う言葉そのものがタブーとなっている社会が出来上がっていきました。
内部被ばくとは、ゆっくりと落ちる爆弾です。
閃光により一瞬で焼き殺されるわけでは無いのです。

爆弾がゆっくりと落とされていく、私たちはこんなことが進んでいくことを、許したくなくてここに立っています。

私たちGowestは、
Go West, Come West!!! 逃げよう、と。西日本への避難を呼びかけています。
3.11東北・関東 放射能汚からの避難者と仲間たち、といいます。

私はそのなかの、ひとりの避難者です。

私は関西、神戸へ、福島原発事故の 3年後に 家族で避難移住してきました。
私はどこから避難してきたと思いますか?
私が避難してきたところは東京です
オリンピックが開かれようとしているところです。
皆さん東京には深刻な放射能汚染があるということをご存知ですか?

私の娘は事故が起きた時5歳でした 元気一杯の健康な子どもでした。
でも事故から1年が過ぎた頃娘の体調は おかしく だっていき、わけのわからない症状で悩まされるようになりました
「お母さん気持ちが悪い」 まずこれなんです。
一体何千何万回聞いたことでしょうか 。そして、「力がでない、体がフラフラする、足が痛い、手が痛い、体中が痛い」
最後には 普通の生活が全く送れないくらいにまでひどくなってしまいました 。

そして そんな時に私はひとりのお医者さんに出会いました。 首都圏で 放射能の問題に 取り組んでいるお医者さんでした 。
先生は 汚染のある 東日本から 西へ行ったりすると 具合の悪い子が 子供に よってはメキメキと元気になることがあると話されていました 。私はピンときました。
この先生の 検査によると 首都圏の 子供達の白血球の数、特にその中の好中球の数が ひどく 下がってきているということでした 。
そしてこれは後でわかったのですがうちの二人の子供達にも同じ傾向が見られていました。

私はとにかく娘を東京 から離しました 。富山、沖縄、神戸、 放射能汚染のない土地に行くと娘は嘘のようにメキメキと元気になりました。 でも東京に戻るとまた駄目になってしまう。 私たちには 東京に止まるという選択肢はありませんでした。 ただただ東京から逃げてきました。

今福島事故後の健康影響は ないということになっています。
事故のあと、いつのまにか、放射能は安全だという話になっていきました。
放射能の問題は 存在 しないことになっています。 でもそれは真実ではありません。
例えば福島の 東方の場所は チェルノブイリの後であれば 今も人は住んでいません そして東京の 汚染の 一部の場所は 避難の権利が存在する場所です。

私は、避難した人や、今、そこに住んでる人から、友人、親戚の体調不良、数多い病気、様々な難病、多くのガン、進行の異様に速いガン、同じ場所で続く突然死、若い人の突然死、ありふれた感染症などが急激に悪化しての突然死、私は聞き続けています。

そして首都圏の人たちを中心に、能力減退症と呼ばれる原爆ぶらぶら病のような症状が、広がっているそうです。
それは、脳やホルモンというところへの影響です。
私は、自分の娘がまさにこの影響受けたことを、この1年半の間に検査などを通して知るようになりました。

見えない、静かな、大惨事が、進行中です。

それは、当たり前にあった健康な毎日を失うこと、 病気になっていくこと、命をも失っていくということ。そんな大惨事です。
そして、日本人は今、この大惨事をみることができません。
だって放射能は問題なく、安全、ということになったから。被害のなどあるはずがないからです。
これらの人の病気や死が、放射能と結び付けられて話されたり、報道されることは、決してありません。

私の娘は、今、12歳になりました。
娘は、元気で、まいにちを楽しんでいます。
友達が大好きで、ここに、ずっといたい、と言います。

事故が起きたら、また、ここを動かなければならない、もう日本には住めなくなる、と、娘は知っています。

そして、娘を脅かすのは、事故だけではないです。
今日本では 放射性物質は閉じ込める、 汚染は 閉じ込める、という基本的なことをしようとしていません。それどころかあえて拡散をしています 。
だって事故の後から放射能は 危険とは言われなく なったんですから!
これくらいなら大丈夫、安全として 薄めて 全国に 散りばめられて行っています 。それは食べて応援 として食べ物の中に。 建築資材 肥料飼料 として流通しているもののなかに。汚染が紛れているのです。
基準は 80倍 に緩められて、 放射性廃棄物は全国で公共資材として再利用される計画が進んでいます。そして次々に 焼却されようとしています。
燃やすことは 放射性物質が高度に濃縮された 灰となり、または放射性微粒子として私たちの空気を汚染します。

日本は今原子力緊急事態宣言がずっと発令中の国です。 それはこの7年間。
そして全く収束などしていない福島第一原発の 地獄の釜からは 毎日大量の放射性物質が空気中にも放出されていてそれはこの広島にも 来ています 。

いま、私たちは これらのことから 一切守られることがありません。きちんとした報道がされないので このことを知る人も少ないはずです 。

これら全ては、なぜなら、放射能は安全ということに なったから。

なぜそうなったのか、て、それは原発を再稼働して、それを拠り所とする経済を回していくためです。

同じなんです。
原爆が落とされて1ヵ月も経っていない9月に、現在、放射能により苦しんでいるものは皆無だ、と断言されたことと。
ずっとずっと、今に至るまで、放射能内部被曝による被害が、被爆者の間にその存在が認められていない、ということ。

それはなぜなのか?
ひとえにそれは、これからも核兵器を開発していくため、です。

核による放射能の問題はどこでも同じようなことがされています。

原爆の投下の後は初期放射線による外部被曝、のみが話され、死の灰などによる内部被ばくは、その存在を無視されて切り捨てられて行きました。

原発事故の後は、「空間線量は下り、安全です、避難の必要はありません」と繰り返されます。
空間線量は外部被曝を測るものさしです。
内部被曝を見るのなら、絶対的に土壌の汚染と言うものをしっかり測らなければ、みなければならないのに、それは今、完全に無視をされています。

そしてその土壌汚染を見れば、東日本は広く深刻な汚染があり、多くの放射線管理区域を超える場所に、妊婦さんも子供も住んでいます。
でも、そこは絶対に見ないし話されません。

みなさん、核兵器を開発し手に入れようとしている人たち、そして原子力を推進しようとしている人たち、つまりは核に携わる人にとって、「放射能による内部被曝」と言うものは、急所。急所だからこそ絶対に隠さないなければならず、隠されてきたものです。
私たちは内部被曝という核の暴力を、見ないように、見えないようにされています。
だから原発事故が起きて、何を奪われ失っているのか、そのことに気づくことさえできないのです。
もし、本当に核の廃絶を願うなら、私たちはこの内部被曝、の問題に、力を合わせて、精一杯向き合っていかなければならない、共有して行かなきゃならないと思うのです。

私は原発避難者のひとりとして
原発事故によるヒバクシャの1人として
そして、健康被害に苦しんだ、苦しんでいるひとりの子供の親として
核により苦しめられたひとり、として、
心からそれを祈り願います。

原発事故の日本で起きていることは、核戦争の1つの形です。
今私たちの頭上にゆっくりと落ちている見えない静かな核爆弾から、みなさんどうか、人間の命と未来を守っていきましょう。

Tokyo as well as Fukushima Is NOT radiologically Safe. The Government of Japan is Making Tokyo Olympics “Radiating Fields” of Athletes and Visitors

We are “Go West Come West,” an organization of evacuees from the Fukushima nuclear disaster and their supporters. On the 73rd anniversary of the United States atomic bombing, we would like to send greetings of solidarity to all visitors to Hiroshima:

●Hiroshima is NOT a story of the past
Even the Japanese government’s underestimated data shows that the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant disaster released 168 times the cesium 137 discharged by the atomic bomb dropped on Hiroshima, which entailed about 168 times the fallout at Hiroshima. Prime-minister Shinzo Abe declared that “with regard to health-related problems (of the Fukushima accident), I (Abe) will state in the most emphatic and unequivocal terms that there have been no problems until now, nor are there any at present, nor will there be in the future.” This claim is tantamount to saying that Hiroshima atomic bombing caused no human health problems. It is totally groundless and false!

●Fukushima nuclear disaster is NOT over
The disaster is still unfolding. High doses of radioactive materials are still leaking from the tops and the bottoms of the reactor buildings every moment of every day. Air, water, soil, ocean and food, all essentials for human life, are still severely contaminated by radiation due to this disaster. It is not only Fukushima that is contaminated but also the eastern part of Japan as a whole, including Tokyo. Recently four key figures among the authorities in charge of Fukushima’s reconstruction died relatively young: a former Reconstruction minister, a former Reconstruction Vice-Minister and a former Environment Parliamentary Secretary, and the incumbent Mayor of Namie, Fukushima prefecture. Now it is time that we faced the truth.

●What is the Japanese government doing – Cover-up.
The Japanese government, the plant operator (TEPCO) and the mainstream mass-media are using all their power to cover up the true picture of the disaster. They do not want to take any responsibility for it, or to pay any compensation regarding the huge health damage that has been done to the residents.

●Gov. returning evacuees to areas with four times the contamination level of the 'radiological control area'
Any area in nuclear facilities or hospitals etc. where radiation levels can exceed 1.3 milli-sieverts(mSv) in 3 month period (5.2 mSv/year) or 40,000bq/m2 is designated as a ‘radiological control area.’ Access to those areas is strictly controlled. Children are banned from entering and eating or drinking there are prohibited. But the Japanese government is now spurring people to return and live in areas with levels as high as 20mSv/y!

●Gov. denying any real health damage induced by the Fukushima disaster
According to the Fukushima Prefectural government, 209 children have been diagnosed with child thyroid cancer. Normally, without irradiation, the incidence is about one in a million per year. But the Japanese government has denied the relationship with irradiation. Radiological exposure, especially internal irradiation, can cause not only cancer or leukemia but also many forms of cell deaths or cell damage in important human organs including blood vessels, heart muscles and brain nerve cells. A sharp increase in cardiac infarctions, heart failures, sudden deaths, strokes, and Alzheimer diseases have been reported since the Fukushima nuclear disaster. Many evacuees have seen some of their family members, friends, relatives, acquaintances falling victim to these catastrophic failures and the number of reported cases is still increasing.

●Gov. showcasing Tokyo Olympics 2020 to build up a safe image of Fukushima
The Japanese government is trying to cover up by using the “Olympics”. Tokyo is spending a large amount of money to propagate a new “radiation-safety” myth both domestically and internationally in order to make people believe that Fukushima is now totally safe.

●Gov. planning to make athletes and visitors eat Fukushima produce
The government is also setting up the Olympics catering program based on the wide use of Fukushima produce for both athletes and visitors from abroad (Yomiuri Shimbun, July 24. 2018). Some games are planned to be held at grounds or facilities located in highly contaminated areas of Fukushima and other prefectures (especially baseball and softball). This will also pose a severe risk to athletes and spectators through inhaling insoluble radioactive particles floating in the air.

●Gov. reusing decontamination waste in public works all over Japan
The government’s decontamination efforts have accumulated 22 million tons of heavily radio-contaminated ‘decontamination waste’ in mountains of flexible container bags. The government is now trying to reuse this contaminated soil in public works and spread the radio-contamination all over the country.

●Gov. planning to dump tritium-contaminated water to the ocean
TEPCO is about to release more than one million tons of the radioactive-tritium-contaminated water stored in the tanks on the premises of the defunct plant into the ocean. Tritium, radioisotope of hydrogen, is very hazardous to human health because it behaves as hydrogen and can invades any part of the body, affecting DNAs, genomes, proteins, enzymes, fat, and brain tissues. The amount of tritium to be disposed is estimated to be about 1~3 peta becquerels (1015Bq), almost 3~8 times what all the Japanese nuclear power plants released every year before the Fukushima disaster (0.38PBq). If this plan is implemented, serious radioactive contamination of the Pacific Ocean, fish and marine ecosystems, eventually air and rain, is inevitable.

●We must stand up against these dangerous Japanese government policies. Let’s fight back together!
Contact us:
Website: https://www.gowest-comewest.net/
E-mail: gowest.comewest@gmail.com

An Emergency Statement on the Oppression at the hands of the Local Police against the Fukushima Nuclear Evacuees’ Aug.6 Hiroshima Action

Hiroshima Police Unlawfully Arrested A Citizen to Silence Evacuees Appealing aboutOngoing Fukushima Disaster. A Serious Threats to Human Right and Free Speech.

Please share the following news and the our first statement of protest.

We demand that the Hiroshima police immediately release the arrested friend of the nuclear evacuees who participated in Aug.6 Hiroshima actions!

We, an organization of evacuees from the Fukushima nuclear disaster and their supporters, attended various peace rallies and events held in Hiroshima on August 6th 2018, commemorating the 73rd anniversary of 1945 nuclear atomic bomb dropped on Hiroshima, killing hundreds of thousands of innocent civilians. Survivors of Hiroshima atomic bombing and Fukushima nuclear evacuees are both victims of nuclear disaster and radiation. Our goal was to unite with Hiroshima and act together to end this ongoing disasters in the world.

There on the night of 6th, in front of the great number of people coming for these peace events from all over the world, we gave speeches in both Japanese and English. Our speech was for remembrance of those killed by the nuclear atomic bombing and the endless damage caused by the Fukushima nuclear disaster occurred in 2011.

A lot of Japanese and foreign tourists who visited Hiroshima for this anniversary stopped and listened to our speeches earnestly, taking our handouts explaining what the Fukushima nuclear disaster has caused : the real health damage of residents now spreading all over the eastern Japan; and the predicaments that evacuees are faced with even today. We were deeply moved by the amount of attentions and feedback we received from them. When one of the 2nd generation of atomic bomb victims gave a speech on how Hiroshima and Fukushima are connected with one straight line, radiation exposure, there was a round of applause from people including locals of Hiroshima. It became a great place of solidarity for sharing experiences and thoughts among those who were there with us.

However all things were changed when a suspicious passerby wearing military fashion, pointing his camera, started shouting complaints at us, and took photos of us, apparently aiming to disturb our speeches. We ignored him but when we were finishing it up and packing our stuff, he screamed saying, 'Someone just broke my camera' and called the local police even though we did not go near him or made any physical contact with him or whatsoever.

The local police officers rushed to us and blocked us from going anywhere. The officers started to question us and we explained many times that we did nothing to him, it was totally a false accusation and we needed to go back because some of us got very sick from the summer heat. However, the police officers refused to let none of us go.

The officers were talking something with their supervisor by wireless telephone all the time. Then suddenly they said "The police have had an eyewitness who saw your member break that man's camera. So now take this person to the police station." We told them that none of us did such a thing, however the officers put handcuffs on one of our members, saying "You are under suspicion of escape!! You are under arrest!! Let you know the reason of arrest when you are brought to the police station." The police officers lifted that person's body violently and then threw into their police car and took our member to the main police station in Hiroshima. This is clearly illegal abduction and confinement by the police using a false accusation.

The police officers physically held us down, trying us not to approach to the suspicious camera man or 'eyewitness'. Witnessing a whole situation, some citizens there shouted to the police officers "how dare you doing such a thing on the memorial day for war dead!" and "How come? They have done nothing wrong!" The officers withdrew to the police station right after they made the arrest as if they themselves are fugitives.

The reason for this arrest was, we suspect, that the upper-level of police department judged our speeches and handouts politically and they ordered those police officers at the site to arrest our member.

This fact shows how the current Japanese administration is terrified of their biggest skeleton in the closet, the actual health damage due to the Fukushima nuclear disaster, coming to light. They are also making desperate efforts to hamper the voices of Fukushima nuclear victims and the concerns and resentment against atomic bombings from spreading among people in Japan and around the world. So they use whatever means to stop those real pictures being known to the public, domestically and internationally.

It was late at night, we have not been able to send lawyers with our member still confined at the police station of Hiroshima. It will be notified by Aug 9th whether our member will be released or continue detained for ten more days. We need your help and cooperation for us to make every effort to realize an earlier release.

A participants in the peace memorial events in Hiroshima, who gives a speech against radiation exposure gets arrested by a completely false accusation. Such an unlawful illegal arrest shall not happen.

In order to protect freedom of speech and human rights, please give us your attention to the protest against the police request for detention.

Please share this information with anyone you know.

Any donation would help rescue our member.

Contact us:

Website: https://www.gowest-comewest.net/

E-mail: gowest.comewest@gmail.com

8.6広島行動弾圧緊急声明

★シェアお願いします★抗議声明第1弾

広島県中央警察署は、8.6広島行動に参加した原発避難者の仲間を今すぐ釈放せよ!

広島原爆が投下された8月6日、福島原発事故からの避難者と仲間たちも、広島市内の各種の平和集会に参加しました。両方とも核災害、放射能の被害であり、つなげるためです。
そして最も多くの人が集まる6日夜の平和公園内で、原爆死者の追悼と原発事故被害のアピールを行いました。

東日本の放射能被害の英語スピーチやチラシ、横断幕に対し、大勢の外国人や日本人が立ち止まって受け取り、聞き入り、関心の高さが明確でした。また広島の被爆二世の方も、広島と福島の被害は一直線につながっていると熱くアピールすると、地元の方も大勢立ち止まり、拍手に包まれました。私たちも想定以上の豊かな交流との場となりました。

ところがそこにミリタリールックの謎の通行人がカメラを構えて大声で文句を上げ、妨害目的の撮影を始めました。私達はアピールを続けつつ片付けを始めた所、彼は何ら接触をしていないのに「カメラを壊された!」と110番通報をしました。

そして駆けつけた広島中央警察署が帰る私たちの行く手を塞ぎ、職務質問を開始。私たちは何ら接触してないし、邪魔したい人の言いがかりであり、暑さで体調不良の仲間も出たので帰りますよと言い続けても、執拗に足止めして返しません。

そして上司から指示を仰ぎ続け、ある時態度が急変。
「カメラを壊した目撃証言が取れた、警察署に連れて行く!」と強行に来たため、誰の証言だ、そんな事はしていないと拒否していたら「逃亡の容疑!逮捕する!逮捕理由は署で話す!」と仲間1名に手錠をかけ、体を大勢で宙吊りにしてパトカーに放り込み、中央署に連れていきました。

これはまさに無法な拉致監禁です。

抗議する私たちを羽交い締めし、カメラの謎の通行人と話すらさせない拉致監禁に、住民からも「何やってんだよ警察!」「彼らは何もしてないだろ!」と罵声が飛びました。警察は逮捕と同時に逃げるように全員撤収しました。

つまり、当初は現場警官が通常のトラブル処理対応をしていたが、スピーチやチラシの特徴を聞いた上層部が「そいつらは平和集会に参加したりビラ配りをしてる=政治的だ」と判断し、狙い打ちで拉致・逮捕したという事ではないでしょうか。
今の政権が、福島原発事故の被害を最大のタブーにし、被害者の声が国内外に広がる事や、原爆への関心や怒りと繋がる事を止めたいからです。

夜遅かったため、未だ弁護士接見を入れられず、仲間は中央警察署に監禁されています。9日までには検事送検で釈放か10日間もの勾留が決まるため、いま早期釈放の要求が必要です。私たちは全力で動くので、ぜひ皆さまの力を貸して下さい。

8.6の広島で、被ばく反対のアピールをしていたら不当逮捕される。これは絶対にあってはならない事です。ぜひ釈放を!と抗議を集中させて下さい!

広島県警本部 082-228-0110
中央警察署 082-224-0110

★救援には多くの費用が必要です。‪「8.6広島ーー原発避難者弾圧救援会」に、弁護士費用などの救援カンパをお願いします!‬
‪郵便振替口座:00140-2-750198
(ゆうちょ銀行 〇一九店(ゼロイチキュウ店)店番号 019 当座0750198)
加入者名:みんなのQ‬

2018年8月7日 8.6広島ーー原発避難者弾圧救援会